4月と言えば新人の女子大生漁りの季節

女子大生は初々しくて可愛いい

4月と言えば、新卒の風俗嬢を漁る季節です。
3月末から体験入店の子が増え出して、4月になると新人の現役女子大生が大量発生するのが恒例になっています。
僕も、去年は新しい女子大生を漁ろうと必死になっていました。
写メ日記を確認すると、予想通り「風俗は初めてですが頑張りたいと思います!」「大学の合間に働いています」と言った内容の日記が溢れているのが分かります。
そんな健気で初々しい様子を見せつけられたら指名せざるを得ません。というわけで、今回の性体験談は新人の女子大生とエッチしたことについて綴っていこうと思います。
写メ日記投稿数1つ。タイトルには「よろしくお願いします」の一言。顔写真は載せておらず、後ろ姿だけを写しただけの画像が一枚貼っており、「大学と兼業なので夜の活動になります」というコメントが添えられていました。
明らかな素人っぷりと、ホームページのプロフィールに載っていたモザイクの顔写真から判断して即指名しました。
一番手としてエッチしたくて予約を入れてたんですが、残念ながら二人にも先を越されての三番手になってしまいました。

現役女子大生の秘部舐め

体験入店も含めれば、そこそこ男を相手にしてきたと思うんですが、僕と会ったときはまだ緊張しまくっていました。
その辺の美人な女子大生を気取ってはいるものの、どこか垢抜けてない様子が非常にそそられます。ビジュアル良し、性格も明るくて、話してるだけで此方まで元気になってきます。
脱衣プレイってことで、お互いに服を脱がせ合いっこしたんですが、僕のベルトが中々外せなくて焦っていました。対して、僕はブラのホックもズボンのベルトもサッと外すことができ「相当ヤリ慣れてるんですねぇ……」って感心されました。
風俗嬢に褒められると、なんだか嬉しいんですよね。天然ながら僕のモチベを挙げてくれた女子大生に感謝の印としてクンニをすることに。
シャワー浴びる前のオマンコを舐めると言うと、「臭いですから!」と超焦っていました。
それに構わず秘部へと舌を伸ばして割れ目に突っ込みます。軽く鼻を鳴らすと、確かに顔を顰めかけるくらいの臭気はありました。
でも、それすらも興奮剤となってペニスは先ほどから我慢汁を噴き出しまくり。自分で肉棒を少し弄りながらクンニに馳せてました。
軽くイッたことを受けて交代をする。今度は嬢が僕のペニスを舐める番です。
時間いっぱいまで舐めてもらおうと考えてたけど、クンニの時にちょっと自家発電してたせいで、長くは保ちませんでした。

アナル舐め初体験

まだ一度もアナル舐めをしたことがないって聞いたので、僕が練習台になると言って肛門を愛撫してもらいました。
風俗嬢として働くならアナル舐めは必須です。新人ながら体験入店時と合わせて10人近く相手にしてきたのに、アナル舐めをしたのが初めてってことに驚きます。
もしかして、風俗ユーザーってアナル舐めしてもらわない人の方が多いんでしょうか。デリヘルと言ったらアナル系ってイメージがあったんですけどね。
すぐに洗えるよう、アナル舐めはシャワールームで行いました。床で四つん這いになり、嬢にケツを向けます。
男の肛門をまじまじと見たのも初めてという。そんな嬢に、舌で愛撫されたときは快感よりも達成感が溢れました。
フェラが上手かったように、アナル舐めも中々どうして気持ちよかったです。ちゃんと少しずつ愛撫を強めていくスタイルは僕の好みです。
最初はアナルを皺から責めて、次に入り口をくすぐるように愛撫。最後に舌を突っ込むという的確な責めに、脳汁を噴き出しまくりでした。