M性感デリヘルにて手足拘束の全身擽り地獄を味わう

ハードな世界に足を踏み入れる

たまにはアブノーマルなプレイでマンネリを打破してみるのも良いと思って、いつもの一般大衆向けなデリヘルから離れて一風変わった趣向のデリヘルを試みました。
今回は少しマイナーチックなジャンルから性体験談をお送りします。ソフトなSMくらいは経験済みとはいえ、まだまだアブノーマル初心者の僕です。
いきなりマニアック過ぎるエッチは無理と判断して、とりあえず「M性感」のジャンルから写メ日記を閲覧してみることに。すると、そこには僕の想像を遥かに超越した世界が広がっていました。
写メ日記ランキング首位の連中は超本格派であり、「肉便器」とマジックで書かれた下腹部の写真や、果てには鼻フックをした自撮り写真まで上げている女性もいました。
此れまでの世界観とは一変して、写メ日記からして既にハードな匂いがプンプン漂ってきます。
一見さんお断り臭が半端ではない雰囲気に、やっぱり普通の店で遊ぼう……と、心が折れかけるも、紆余曲折の末に利用することにしました。
とはいえ、写メ日記のサムネイルだけでも強烈なインパクトです。どうやって女の子を選別しようか悩んでいると、「SMの世界に入りました!」というタイトルの日記を投稿しているデリヘル嬢を発見します。
どうやら、SM系の風俗店に勤め始めたばかりという子のようです。そういった子と一緒ならSMの道を歩んでいけそうと思い、指名してみました。

M性感なので僕が擽られる側です

肝心なプレイ内容ですが、かなり悩みました。
ロウソクプレイは前にもやったことあるけど、そんな気分じゃなかったので。その他のSMと言っても、僕の経験からじゃ大して思い浮かばず……ウェブを見ていると、人気コースに「くすぐり」がありました。
くすぐり……そういえば、これもSM系なんですよね。久しぶりに思いっきり擽られてみようかなって思い、拘束マッサージコースを選択しました。
指名した嬢は予想通り新人さんで、男の脇腹を擽ったこともないと言います。「楽しみです~」とお気楽に言う彼女。僕の方は拘束擽りを何度か経験済みであり、シャワーを浴びる前から胸がドッキドキでした。
オプションにて、手錠を4つ用意してもらうことに。両方の手足、隈なく縛り上げる為です。ベッドで寝転ぶ僕に、嬢が丁寧に両手・両足を手錠でベッドに固定させていきました。
これでもう一切の動きが取れません。試しに力強く抵抗してみるも、ガチャガチャ言うだけで手錠が壊れたりはあり得ません。
全く抵抗できなくなった僕に、デリヘル嬢がちょっと期待感を込めた表情で両手を忍ばせてきました。

苦しみ悶える僕と、楽しそうに擽る嬢

拘束状態にて擽られる体験は前にもありますが……まあ、一言で表せば「苦しい」に尽きます。
少し脇腹を触られただけでオーバーに飛び跳ねる僕が、手足の動きを封じられて、腰に跨る女の子に両手で両脇を責められるんですもの。悲鳴そのものの声を上げて、すぐに呼吸困難に陥っちゃいました。
苦しいんだけど、何故か興奮しまくって肉棒の方は哀れなほど元気になるんですよね。勃起したペニスを嬢のお尻に押しつぶされて、ぐりぐりと責められてるんですが、そんな快感を脳で理解できるほどの余裕なんてありません。
ひたすら喚いて喚いて……射精感が目の前だってのに、それにも気づかず身を捩って暴れまくる僕。そう、全身を擽られながら責められると、本当にいつの間にか射精してたって感じになるんですよね。
最後は両脇を責められながら暴発しました。精液を放って、ようやく解放してもらえた僕。
涙を流して咽る僕に対して、くすぐり処女の嬢は満足げに「楽しかったぁ~!」と言ってました。
全くもってノー天気な人です。今度は僕がこの子を思いっきり擽ってやろうと思いました。