ペニバンで責め立てられて、M男として完全に目覚めた話

気の強い女性の見つけ方

昨日もSM系デリヘルで研鑽を積んできました。
前と同じく擽りでも良かったけど、他にも興味のあるプレイは無数にあったんで、まずはそれらを一通り体験してからと思い、あれこれ悩んだ結果…………まあ、ペニスバンドを装着したデリヘル嬢にアナルをガンガン掘られた次第です。
コッチがペニスバンドで責めようとするとオプション料金が10000円も発生するというのに、女性攻めのコチラ受け側になると追加料金は4000円と二倍以上も安価でした。使用したディルドを貰うことも出来るというのでお得です。
誰に責め立てて貰おうかということで、写メ日記ワンパターンです。
とてもS女には向いてないような子にオドオドされながら無理やり責め立てて貰うのが僕の趣味なんですが、今回はM性感としてM男を演じたかったので生粋のS女を選びました。
気の強い女の子の選び方とは。
エッチな子っていうだけなら全裸写真でもアップしてるような子を選べば良い話ですが、それが必ずしもSっ気のある女性とは限りません。
S女を探す目安として、僕は他人のブログ記事を参考にしました。
気の強い女の特徴として「男を褒める際に『可愛い』を多用する」「客にあだ名をつけるのが好き」「裏表がない」「自己主張が得意」などが挙げられると言います。
言われてみれば、確かにそんな感じ子はSっ気強いかもしれないですね。他にもS女と遊んだ際に役立つアドバイスなんかも書いてあったので、非常に参考になりました。
それに倣い、僕は写メ日記で自己主張&客にあだ名をつけている風俗嬢を見つけたので、ペニバンのオプション付けて指名しました。

アナルをガン掘りされてM男へと昇華

強気な女性にガツガツお尻を掘られるのを期待しつつ、ホントにS女が来るもんかねって思ってたら、まさかのまさか相手は真正のドSさんでした。
見た目からして、かなり威圧的です。釣り上がった目つきに、背筋を伸ばして堂々とした姿勢、自己主張の激しい化粧やファッションセンス……一目で分かる強気姉さんです。
茶髪ロングで顔の均整は非常に整っており、AV映えするような子だと思いました。年齢は聞かなかったけど25歳くらいだったかな?美人でスタイルが良く、肌荒れとかも全然ありません。
こういう子を望んでいた反面、実は怒らせると怖いような気の強い女性って苦手なんですよね。内面はビビりな僕ですから。
なんとか世間話を切り抜けてプレイに入ります。シャワーを浴びて、軽くアナルを解してもらったあと、用意してもらったディルドを嬢の腰に巻き付けます。
トイレットペーパーの芯くらいに太いディルドを前に、僕は急にペニバンプレイについて激しく後悔しました。ディルドのサイズは小さいのを選択したのに、普通にデカい。デカすぎて怖いです。
「大丈夫、大丈夫だから」と、強気で宥めてくれる嬢。ローションをたっぷり肛門へと流し、潤滑性と僕自身の感度を大いに高めた後、ディルド挿入に掛かりました。
まあ、やっぱりなんとか入っちゃうんですよね。ローションの効果って絶大です。
直径2センチ以上ありそうなディルドの亀頭が奥へと入っていき、一気に僕の毛穴という毛穴から汗が吹き出します。僕の方はもう喋れないくらい切羽詰まったって状態です。
そんな様子を面白そうにバックの体勢から眺めてくる嬢。ほんと~にSっ気満載でした。
「じゃ、行くよ~」と言って、ゆっくりピストン運動が始まります。ローションと擦れてジュクジュクという粘液の音が響きます。
もう圧倒的な支配感に呑まれてました。主従関係が一気に形成されて、もはや嬢にはなんでも従うしかないような思考回路になって「ああ、これが屈服ってやつなんだな」って思いました。
最後の方では僕のお尻をパチンパチンと叩きながら激しくピストンしてました。まあ、恥ずかしいんですが……やっぱアナルで異物を出し抜きされるって気持ちいいんですよね。
ずっと浸っていたい気分でした。あわよくば、嬢に忠誠を尽くして本気で奴隷になりたいって思ったり。これは、本気でハマると本当に危険な気がします。