ローション風呂が気持ち良すぎて動くことも出来ない

重要なのはエッチを一緒に楽しんでくれる子

ローション風呂の再プレイです。
あの凝固しかけたお湯の中で動き回るの、中毒レベルで癖になるのでオススメです。普通のエッチがマンネリ化しちゃってる人などは、ぜひ一度でも利用してみてください。
一緒に浸かってくれる相方選びについて、もちろん僕と一緒にローション風呂を楽しんでくれるような女性を望みます。
風俗嬢は肌荒れなど気にする方も多いので、その日だけでも既に何度も出勤していてシャワーを浴びまくってるような嬢は除外します。
全然指名が取れていないような待機中の女の子を求めて写メ日記を彷徨うこと数分。その日はまだ一度も指名を受けていないっていう嬢を見つけました。
どうみても自己主張が得意ではない消極的なタイプです。日記投稿数は50を超えているものの、顔を出している写真が一枚もないような女の子。顔が良いことを祈りながら指名しました。

ヌルヌルのお風呂にて

利用したデリヘルは、指名獲得数によってデリヘル嬢のランクが格付けされていく競争型のお店でした。
僕の相手となった渚沙ちゃんはピラミッドの最下層に位置する女性でした。上位陣を指名する際は指名料1万円も掛かるのに対して、最下層の渚沙ちゃんは指名料500円という格差ぶりです。
日記を見る限り性格は良いと思うんだけど、もしかしたら容姿の方が酷いかもしれない……と、覚悟してたけど、実際の渚沙ちゃんは普通に可愛かったです。黒髪セミロングでスタイルも控えめという子、外見からして素人臭が漂いまくってましたが、一応デリヘル歴は1年を超えているとのこと。
可愛くても人気の出ない子は多いですからね。一目見て、すぐに安堵しました。
そして予想通り性格が凄く良い。写メ日記を見れば一目瞭然でしたが、本当に繊細で消極的で、触れれば割れてしまいそうなガラス細工みたいな子でした。
しかもローション風呂は初体験という。僕が風俗で幸せになる条件が全て整った瞬間です。
今回も入浴剤タイプを使用。前は3パック開けたら動きが取れなくなるほどお湯が重くなったので、今回は2パックしかあけませんでした。
「うわーっ、なにこれ凄い!!」と、渚沙ちゃんが感嘆の声を上げます。初めて味わう感覚に、満足しながら僕も浸かります。背後から渚沙ちゃんに忍び寄り、思いっきりハグをしておっぱいを両手で揉みしだいていきます。
渚沙ちゃんは擽りに弱いようで、ヌルヌルの僕の両手が上半身を駆け巡る度にピクッと反応させて悶えてました。

密着からの尻コキ

浴槽で抜いてもらおうと思い、胡坐を掻く僕の上に嬢を乗せて素股をお願いしました。素股というより、勃起ペニスの上をお尻がグネグネ動いてるだけでしたが。
お尻の割れ目にペニスがフィットするように設置して上下に動いてもらいます。密着した僕のお腹と渚沙ちゃんの背中が擦れるだけでも気持ちいいし、割れ目で肉棒をコカれた時には脳汁を沸き出すほどでした。
余談ですが、お湯に浸かりながら射精するのも気持ちくて癖になっています。10分ほど扱かれてると射精感を催し、このまま出したかったので嬢に黙ったままオーガズムまでもっていきました。
射精してプカプカ浮いた精液を取り除く。あと30分近く時間が残ってるのを確認すると、僕は二回戦目に突入しました。
お尻で扱かれるのが好きになってしまい、二戦目も同じ体勢のまま事を進めます。
その日は珍しく本番セックスがしたくて堪りませんでした。ローションも有り余ってることだし、アナルセックスのオプションを入れようかなと思ったけど、結局なにもせず二発目も同じく割れ目で擦られて果てました。
これはいわゆる尻コキというものでしょうか。ここまで気持ちいいとは思いませんでしたね……。
ローション風呂は週一くらいのペースで定期的にやっていきたいものです。