ヤリマンビッチ嬢に肛門と肉棒を同時に責められました

ストレスが溜まったらローション風呂を

前回のローション風呂にハマったので、もう一度オプションを追加して再現しました。
ローション風呂……一人でやっても楽しいかなと思って一人暮らしの自宅の風呂をローションにしてみたんですが、独りぼっちって物凄く寂しかったです。あれは女性と一緒でないと全く楽しくありません。
デリヘル嬢については新規開拓です。出来ればローション風呂を経験したことがない子が良いので写メ日記の投稿数が少ない女性から優先的に絞っていきます。
働き出してまだ1か月ほど、写メ日記から窺える相手の性格も良い感じだったので直感的に指名しました。
ローション風呂専用のラブホテルもあるらしいけど、そっちは凄く高額なので、やっぱり入浴剤タイプでお湯をそっくりそのままローションに変えちゃったほうがコストパフォーマンスが良いです。
残念ながら相手はローション風呂の経験ありで、しかも素人と思ってたら男性経験が半端なく豊富だって子だったけど、エッチは非常に気持ちよくて大満足でした。

超ヤリマンビッチさんと入浴

21歳で茶色の長髪。顔やスタイルも無難に良くて、今どきの女子大生っていう表現がピッタリの明るい性格の女性でした。
一目見た瞬間、「ああ~、これは男慣れしてそうだな」って思えるくらい天然ビッチの典型例です。実際に彼女の性体験の経歴を聞いてビックリ。なんと、彼氏が合意の上で三人も居て、いまその内の二人と一緒に同棲しているといいます。
まさに一妻多夫のような生活……しつつ、風俗嬢として働いてるとかビッチを通り越して尊敬に値します。
と言いつつ、少しヤキモキしながらローション風呂の準備を終えて一緒に入浴です。前回の女の子がローション風呂初体験って言ってめちゃくちゃハイテンションになってたのが可愛くて、もう一度そんな感じの光景が見たくて新人さんを呼んだってのに、これは明らかな誤算ですね。
そのビッチさん、定期的にローション風呂に入ってるそうです。しかも大勢の彼氏や男友達なんかと一緒に。
そこまでヤりなれてる相手と対峙した際、僕は決まって相手の快楽なんて全く考えずに奉仕だけを命じるようにしています。お互いに満足してこそエッチって思想だったけど……改めました。
2発射精するつもりだったんで、最初は準備運動とばかりに手コキだけ。
前と同じく潜望鏡の姿勢を取り、体をプカプカ浮かせながらローションべっとりの手で射精してもらいました。

ローション風呂にて怒涛の攻め

射精後の余韻も風呂の中でぬるぬる全身を触ってもらってたので萎えることがありません。肌を重ね合わせてスリスリしてるだけで肉棒は完全復活を遂げました。
しかし、まだ擦るには感度が足りません。なので、今回は肛門愛撫をしてもらうことにしました。
ジャグジーにて立ち上がり、ケツを嬢へと差し出して立ちバックの姿勢を取ります。そして肛門を嬢の指にて凌辱されました。
流石に彼氏がいっぱいいるだけあって、肛門への刺激も手慣れたものです。ローションべったりなんで抵抗感なく奥まで指が侵入していきます。
的確に前立腺を責められて思わず倒れそうになりました。浴槽がヌルヌルしまくってるから、刺激の強いアナル攻めを立った状態でやるのはちょっと危ないかもですね。
何度も何度も精嚢部分を触られていく内に射精したい気持ちが爆発して手コキを志願しました。アナルを責められながらの手コキ……二発目とは思えない量の射精を吹き出しました。
二発目。案外早かったです。
残り時間が20分くらい余ってたので、三発目いっちゃう?なんて言われたけど、流石に無理……って断ったはずなのに、ビッチさんったらそれでも僕の肉棒から手を放してくれず……最初の雑談がなければ三発目も達成できたかもしれないです。
相手がヤリマンでしたけど、テクニックは最高だったんで満足でした。